So-net無料ブログ作成

1日目 [アマゾン]

Img_0009.jpg

今回は、初めてエアカナダで南米に。安いチケットだったが、エアカナダにはやや問題があるので、後程。 成田空港を夕方出発、トロントまで13時間の旅。トロントからリマへはエアカナダのルージュという子会社(?)それともLCCなのか?リマまでは7時間。

なぜ、エアカナダに抵抗があるかというと、乗り継ぎ時間が1時間20分。これは、アメリカならば絶対にアウト。しかし、カナダでは国際線の乗り継ぎに関して独自の方法を取っていて、入国審査を簡略化して、そのまま乗り継がせているので、パスポートを見せて通過するだけ。 実際には2,3分。

もう一つの問題は、成田、トロントは40%くらいの確率で遅延が発生しているということ。乗り継ぎ時間が短いので、不安だが、1時間程度ならば次の便は待っているようだった。 実は、エアカナダの南米路線は、1日おきなので、乗り継ぎを失敗すると、2日後に振り替えられてしまう。

そこで、自腹でほかの便をさがしてリマに行くということができないか考えてみた。 往復チケットは、中間をキャンセルすると、その後の便はすべてキャンセルされてしまう。なので、それは選択肢にない。結局、乗り継ぎをしっぱいしたら、おとなしく、トロントで2日間過ごすしかないだろう。

今回は、遅延が発生したが、乗り継ぎは50分、かなり焦ったが、ダッシュで移動して、セーフ・ぶじに、リマに到着したのが、深夜1時。国内線のカウンターで受付をして、搭乗口に向かい、あとは朝まで仮眠。

これが1日目。まだ、現地には入れてない。

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0