So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ボランティアについて [その他]

災害時のボランティアについて、東北で野宿しながら経験したことを書きます。参考になればいいです。

早い段階ではボランティアを受け入れない場所がほとんどです。被災地の対応ができていないためです。そこに、強引に行っても何もできず、無駄になるだけです。 そして、それが、無駄以上になることがあります。交通渋滞の原因になること、物流が止まっている中で、水を一本欲しくても、現地の人に行くはずの水をボランティアが飲んでしまうことで迷惑になる。 細かいことを書けば、きりがないです。

ボランティアは相当な覚悟、準備、装備が必要で、すべて自己完結を目指します。水は浄水器を持参することや、被災地以外で手に入れること、食料も、被災地以外で手に入れることなど。最低限、破傷風の予防接種が必要です。 装備は工事現場用の安全長靴で、アルミ製の中敷きがないと、くぎが足の裏に刺さります。ボランティアがケガをすることが一番の邪魔で、それを助けなければならない人が必要になってしまい、迷惑になること。住民票のある地元で、ボランティア保険に入らないと、受け入れてもらえませんので。

早い段階では無理に現地入りせず、募金するなどの支援でいいと思います。現地の受け入れ態勢ができた時に万全の装備で行けばいいと思います。

なぜ、現地の受け入れが必要か、書きます。どんなに壊れた家でも、個人の財産です。持ち主の要請がないと片づけることができません。持ち主が市が用意した窓口に要請して初めてボランティアが動けます。その際、ボランティアも、組織化されてないと動けません。

ボランティアが苦労すること、トイレがないこと、断水しているので、トイレがない。被災してない場所か、仮設トイレが用意されたところに行くしかない。物流が止まっているので、食料がなかなか手に入らない。私は、非常食などをバッグに詰め、公園で自炊してテントで過ごしてました。それも、許可された公園です。

まだまだ、書けばいくらでも注意点が出てきます。今すぐに被災地に行かなくてもこの先にいくらでも、人手が必要になるはずです。その時のために、準備から始めてみてはどうでしょう。本当に必要な時は市から募集が出てきます。 県外からのボランティアを断るところが多いですが、親せきを心配して現地入りしたい人たちのチケットを多くのボランティアが取ってしまい、邪魔をすることもあります。

今回、山陰、山陽地区は関西の震災の際にボランティアを経験した人が周りにたくさんいるはずです。被災地のボランティアに慣れた人たちが、必ず立ち上げてくると思います。その時に参加できればいいと思います。 実際に参加してみて、ただの邪魔になるボランティアをたくさん見てきました。そうならないように、できることから少しずつ! 自分では役に立ったと思っていても、実は邪魔をしてるだけなんてこともあります。ボランティアは難しい。

偉そうなことを書いてますが、私は実は8日でつぶれました。肉体的にも、精神的にもです。そこで活動している自衛隊の皆さんは本当に強い人たちだと考えさせられました。炊き出しをしていても、手を付けられず、非常食のみで三食、被災者に風呂を提供しても、自分たちはタオルで拭くだけ、、

私は、今でも、当時の匂いを思い出してしまうことがあります。また、悲しい場面を目にして、いまでも、思い出すことがあります。それでも、野宿しているところに、現地の方が差し入れをくれたり、お礼を言いにわざわざきてくれたり、たくさんのいい経験をしたので、ボランティア自体は大賛成です。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コロンビア近況 [コロンビア]

-p1000516.jpg

今日のコロンビアのニュースで、チョコ県の南のナリニョ県、エクアドル国境でついに戦闘状態に入ったと、、、チョコ県からは数百キロ離れているので直接の影響はないだろう。チョコ県の太平洋側には大きな軍の基地があるので、地元の人は安心している。

それでも、そんな国にカエルを見に行ったり、植物を探しに行くのは、いくら自己責任といっても、何かが起きた時に、世間は許さないだろう。たちまち、ネットでさらされて、公開処刑になるだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コロンビア [コロンビア]

Dsc09596.jpg

コロンビア、不安定だなぁ、、チョコ県はゲリラの活動があまりないエリアなんだけど、太平洋側から内陸側ではいくつかニュースが入ってきている。太平洋側は今のところ大きな事件は起きてない。しかし、太平洋側でも、内陸でも繋がっているわけで、安心できない。

今まで、南米のいくつかの国に行ったけど、シダに関してはコロンビアが面白かった。 それに、宿からそれほど離れていない場所で探すことができる。ダナエアや、エラフォグロッサム ペルタタム、簡単に見つけられるので、散歩が楽しくてたまらない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お気に入り [アマゾン]

Img_0083.jpg

イキトスの中心から20数キロ離れた場所から、また、奥に入っていくと私の一番のお気に入りの場所がある。あたり一面コケシノブ、ブラックウォーターの小川、張り付くコケシノブが至る所で見ることができる。

Img_0113.jpg

私がもし案内するならば、一番目または2番目に連れていきたい場所だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

開拓 [コロンビア]

Img_0841.jpg

3度目のコロンビアの時にガイドしてくれたエンベラ族のおじさん、、私より年取っているように見えたが、帰り際に歳を聞いたら私より若かった。 でも、それだけ、厳しい生活しているんだろうなと。

家はすべて自分で建てたというし、そこは木を切り倒して平地にして、畑を作りながら数か月もかけた場所だという。それまで、家もなく、ビニールシートを広げて家族で雨をしのいで魚を採ったり、果物を食べていたと、、、毎日、楽しかったなぁと笑ってた。 俺にはそのセリフ、言えないだろう。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Motofurgón (モトフルゴン) [アマゾン]

tIMG_0171.JPG

今回、Yanayacuに行く際、船をチャーターしたが、本来なら道がしっかりしているのがわかっていればモトトラックで行けた。帰りは乾季に突入していたので、ぬかるんではいたものの、ナウタ街道までモトトラックで帰れた。といっても、4Km手前で工事中のため降ろされてしまったけど、、。

このモトトラック、地元ではモトフルゴンと呼ばれている。モトタクシーは125cc、モトフルゴンは荷物が運べる荷台になっているが、そこにベンチをおいて、人を運ぶこともある。排気量は250ccある。

Img_0179.jpg

田んぼのような道を相当なスピードで走るので、乗っているほうも気を付けてないと振り落とされる。一旦スピードを落とすと、ぬかるみにはまったときに、脱出できなくなる。その時のために、ひとりアシストが乗り込んで荷重を調整している。はまると、降りて泥だらけになって押して脱出する。

今回は途中で降ろされたが、その部分、工事中で整備中だったので、次回行くときにはある程度、きれいな道になっているかもしれない。その道ができると、一気に村に入植者が増えていくのだろう。それでも、San Joaquin de omaguas までで、その先のYanayacuまでは船で2時間以上あるので、すぐには入植者も増えないと思うので、行くならここ数年、静かなリモートエリアなうちにもう一度行きたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Oophaga histrionica [コロンビア]

P1000152.jpg

コロンビアの太平洋側にOophaga histrionicaが生息するが、今までに、見ることができたのは、このタイプのみ。かなり南下すれば数種類は見れるようだが、アクセスが難しいことと、南部はゲリラが動いているので、しっかりした情報がないと無理だろう。

それでも、このタイプならば、相当数を一日で見られるので贅沢は言わない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メデジンの空港、MDEとEOHについて [コロンビア]

P1000772.jpg

コロンビアのメデジンには2つの空港があるので要注意。Jose Maria Cordova ホセマリアコルドバ空港と、Enrique Olaya Herrera エンリケオラヤエレイラの2つ。前者がMDE、後者がEOHの空港コード。

MDEは国際空港、EOHは国内線専用になっているので、海外からメデジンに着いて、国内線を使う場合はEOHに移動しないとならない。40Kmほど離れているので、注意が必要。

ユナイテッド航空などでは、成田発メデジン行きのチケットが買えて、ボゴタまででも、メデジンまででも料金は同じ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コロンビア [コロンビア]

P1000950.jpg

コロンビアの一番厄介なのは、大麻はほぼ自由、コカインは1gまでなら起訴されない。合法とまではいわないけど、起訴もしないよ、、というところ。 こちらが近づかなければいい話だが、たとえば、街中で、けんかになったときは拳銃がすぐに出てくるので、一般人が流れ弾に当たるなんてよく聞く話。 そんな街だから、警官もすぐに発砲する。実際に、メデジンのホテルで夜中に、銃声を2回聞いた。翌朝、ホテルで聞いたら、よくあることで、警官がすぐに威嚇射撃すると言っていた。ボゴタはいい街並みなんだけどね、、、
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Atelopus [コロンビア]

Img_0579.jpg

コロンビアには魅力的なヤドクガエルが多い。しかし、現状ではエクアドル国境にはまったく近づけないので深追いは禁物。無理にヤドクガエルを追わなくても、ヤドクガエルに見劣りしないヒキガエルがいる。 Atelopus 南米にはいろいろなカラーのものがいる。動きが鈍く被写体としてはとても楽なカエルだ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感